軍靴の足音

people usa military patriotism

 GW明けの月曜日、肌寒い曇天が夕方になって冷たい雨が降り始めました。世界に目を遣ると、ロシアからWWⅡ戦勝記念日の軍事パレードがLive中継されています。ウクライナとの紛争の最中にあって、プーチン大統領の声明に世界の注目が集まりました。

 これまで日本の振る舞いに対して、プーチン大統領は、日本はロシアに対して宣戦布告をしたのと同じとしていて、国際法から言えば、国連(=連合軍)の敵国条項に該当する日本に対して何時でも攻撃できるとしています。本土からのミサイル攻撃や択捉島からの爆撃も全くありえない話でもありません。

 一方の日本は自衛隊が単独で防衛作戦を実行できる建付けにはなっていません。そこで近日予定されている日米合同演習を思うと、万一の際が想定されていると思わざるを得ません。杞憂に終わることを祈るしかありませんが、英米がウクライナ紛争を意図的に長期化させている様子からも、そのとばっちりで他に火の粉が飛はないとも限りません。

 震災も想定されていますので、最悪の事も頭の片隅にして、水や食糧の備蓄などやっておくべきでしょう。

前の記事

令和4年5月8日

次の記事

陰陽の転換