火葬場が足らなくなる?

 底冷えがして寒いですが、心配していた大雪にはなりませんでした。さてこの間、うっかり見過ごしていましたが、モンタニエ博士が8日にお亡くなりになっていました。死因は不明で89歳でした。博士は新型コロナに関してマスメディアの報道とは異なる考えを示していたが為に、HIV発見のノーベル賞学者というウイルス学の中心的な権威でありながらついに狂人扱いで終わりました。

 しかしながら、もともとフランスが建設に関与した武漢ウイルス研究所のBSL4のラボですから、そこでどの様な研究がなされていたのか、つまり武漢コロナウイルスの起源について知りえる立場でした。博士のウイルスとmRNA製剤にまつわる発信は示唆に富んでいて多くを参考にさせてもらいました。その最後の言葉として「ワクチンをうけた人は、エイズ検査をするように」と言われたと聞きます。晩年は、地位も名誉も得てもうこの歳だから、脅迫されても本当のことを言うと公言されていましたので、博士の言葉の数々は忘れないでおこうと思います。ご冥福をお祈りいたします。

 さて、すでにピークアウトに達したと思われるオミクロン株ですが、それにもかかわらず3回目の接種を急がせる様な煽り報道が絶えません。そのなかで、先日、厚労省はオミクロン株の感染拡大をうけて「広域火葬計画整備」を進めるように全国の自治体に通達を出しました。今後、火葬場が渋滞する場合には、越境して近隣自治体の空いている火葬場を使うようにする訳です。

 これについて、思わぬ邪推もうわさされています。つまり、コロナ死の場合は即日火葬が原則ですから、ワクチン死が疑われてもご遺体がPCR陽性になればコロナ死として直ちに火葬が出来るので、証拠隠滅ができるという話です。そのため今後予想されるワクチン死の増加を捌くために広域火葬を可能にさせるということです。さて如何でしょうか?

 個人的には、単純に昨年の超過死亡数の急増を受けた措置に思っています。ただし、mRNA製剤による持病の悪化などが大きくかかわって死亡者が急増していることは否めません。

次の記事

戦争を望む者たち