謹賀新年

謹賀新年

 明けましておめでとうございます。さっそく始動しております。大晦日深夜から元日にかけてのご注文は既に発送しておりますのでご安心ください。ネットの方は通常通りの対応を始めています。ご注文お待ち申し上げます。

 さて、振り返れば2年を棒に振ったコロナ禍でした。プランデミックという造語が海外で流布されている通り、計画された感染症大流行(Planned Pandemic)という茶番劇の一面が色濃いのですが、現実には死亡者もあることで、厄介なウイルスの存在自体は否定できない訳です。

 そしてこの対策に政府も医療機関も迷走が続いた背景には、伝染病の流行というだけではなくて安全保障上の防疫という側面からもポイントを押さえなければならないにも拘らず、全くその準備がなかったことが大きかったと思います。

 その上で、感染力があり肺炎に至る速度が早いというウイルスの性格に即した医療体制が、東京や大阪などの都市部で十分でなかったことで、無駄に死亡者が出てしまいました。それから無症候の感染者が広めるという査読も済んでいない論文をもとに行動抑制をかけたことで、特に若者、それから飲食業や観光事業などの一部の産業に多大なダメージを与えました。

 ワクチン行政などに至っては、完全に海外の事例を踏襲する流れにあって、日本の現状を鑑みた日本独自の対策がなされていないことが白昼に晒されています。

 このような状況にあって、騒動の初期からコロナ外来の患者にあたり1人も死なせることなく、今日ではその後遺症、そしてワクチン後遺症にまで関わってきた数少ない個人医の長尾先生の発信は、現場の医療者の声としてとても貴重です。治療には適宜イベルメクチンを使った臨床経験、またご自身に2回のワクチンを甘受された状況にあって、「3回目は必要ない」と明言されている理由を各人はよくよく調べ上げて自身の判断にしてほしいと願います。

前の記事

仕事納め

次の記事

三が日