日本人を見直す

 午前中は髪を切る予定でしたので、朝の散歩は自転車に変えて赤羽まで。出荷の足で友路有の朝カレーが目当てです。ところが赤羽を離れて久しく、その間に自転車の路駐を禁止する条例が施行されたことを忘れていました。道々に放置駐車の監視員が配置され、またどこも駐輪場は満車にて暫く彷徨うことになりました。おかげで予約の時間にギリギリで戻る羽目に。

 さて今日のニュースでは、また新たな変異株がアフリカ南部で流行しているらしく、対象国を入国制限にすることになりました。しかしながら直輸入を防いだとしてもヨーロッパ経由での侵入はあるかも知れません。感染力が強いそうなので、ワクチンの接種率が高い国ほど自然免疫の低下による蔓延は避けられないでしょう。

 例えばイギリスは、これまでのワクチン接種の有無とPCR陽性数との関係を集計していますが、接種済みの方が陽性率が高くなっています。だからといって日本もまったく同様になるとは限りませんが、ワクチンは感染を防止するものではないことは覚悟しておいた方が良いでしょう。それでも普通ならば、弱毒化していると予想さていますので、冷静に経過観察しておきたいです。

 そしていい加減、日本人にとって何が適切なのかを議論の中心にして欲しいものです。風土や人種によって違うものは違うわけです。それは人生観や仕事観にも通ずることとして、外交問題等にも言えることでしょう。悪戯に欧米や中国に倣うのは考え直したが良いと思います。

 

次の記事

属国日本New!!