日本だけ遅れています

 今日も暑いです。梅雨前線はまだ関東にかかって来ません。いつもの様に郵便局でネット注文分の出荷を済ませて店を開けました。売れまいが兎に角、どんどん文庫の検品をしつつオモテのワゴンに投入して行きます。通路を妨げるものをどかさないと中のモノも売れません。本当はネット出品に注力したいところです。

 しかしながら、今日は度々お持ち込みがあり、在庫は増える一方です。他方、持ち込みが目に入るのでしょうか?つられて覗きに来る方もいらっしゃる感じです。そして金曜日は特に文庫のまとめ買いで、常連さんが寄ってくださいます。ご年配の方々が多いのですが、最近の会話は「やっと予約が取れた」というワクチンの話です。

 今日は、地元でなかなか予約できないので、大手町で取ってもらったらすぐ予約できたという喜びの声がありました。自衛隊の用意してくれた会場ですね。ここからは電車で1本、3〜40分ですからそう不便ではありません。

 ですが、打たないと決めている身としては、心中複雑です。高齢者は重症化リスクがあるのでワクチンは有効だとは、当初は思っていましたが、思いのほか副反応の話が出て来ていますので、おそらくワクチンのリスクの方が高い結果となるでしょう。

 米国などでは、マスクやワクチンを推奨していたファウチ博士こそがフェイクと分かってしまいましたので、次のステージに入りました。マスクでむしろ感染が広がることや、ワクチンの問題点が今後さらに明らかになっていくでしょう。

 アビガン、ヒドロキシクロロキン、そしてイベルメクチンに活路がありますし、そもそもパンデミックなぞ起きていませんから落ち着いて静観した方が良いでしょう。PCRがない時代であれば、ウイルスが5個あったら陽性なんて話はそもそもありませんし、第一、発症するには1万個ないとしません!今日、東京で500人の陽性者が出たと言っても、それもインフルなどと比べて桁違いに少ないです。たった500人です。

 ほんの一部ではありますが、運悪く発症してしまった方に確かな医療を約束できるように、そこだけはしっかりと政治にお願いしたいです。

前の記事

聖書を悪用するな!

次の記事

f5.6、1/8秒