明日は危険日

 日没まで一日雨でした。時折激しい風雨でしたので、店頭での展開は諦めて在庫整理を進めました。郊外の書店にとりましては、土日に営業が出来ないのはちょっと辛いです。

 さてあまり心配し過ぎても仕方ないのですが、地震のことです。ニュージーランドの地震から15日後に宮城で震度5の地震が起きたのは、10年前と一緒です。その2日後に東日本大震災が起きています。つまり明日は危険日と言えるでしょう。三陸沖から千葉沖はニュージーランド同様、太平洋プレートの縁にあたります。地震専門家は科学的な関係性を説明できない様ですが、気味が悪い話です。

 そもそも地震は予知できないのは、専門家の間では周知の事実です。活断層の状況と周期性から可能性を伝えるのが精一杯でしょう。東海や南海トラフが危険視されているのは、経済に打撃が大きい地域のため研究に予算が付きやすくて調査が行われている分だけ、他の地域よりも明らかになっているだけです。

 また断層で起きるとも限りません。プレート理論が主流ですが、地震には火山性のものや原因がわからないもの、果ては人工地震も存在する様です。月の引力の影響や、太陽の黒点活動が影響するという話もあります。実際に太陽風による磁気嵐と地震の関係を調査し続けているデータも存在します。

 そういった各方面からの話や、最近の異臭騒ぎに至るウワサを含めて、ゾーンに入った感は免れません。

 しかしながら明日は明日で、予定をこなす他ありません。少なくともエネルギーが分散されて大事には至らないことを願うばかりです。

前の記事

ゾーンに入っています

次の記事

肉蔵(にくぐら)