当選を祈念します

 冷たい雨の日曜日になりました。商店街の人流はやや疎らです。店頭のワゴンは一部を引き上げ、あるいはシートを掛けましたので今日の売上は期待できません。ところで午前中は、水道橋でビラ配りして来ました。文京区で精力的に活動を始めたUさんと一緒に。

 Uさんによると今朝は活動の間だけは降らないで下さいと神頼みしてきたそうで、それが効したか降らずに済みました。彼は小名木先生の塾生でその縁から神谷氏を知り参政党に参加したそうで、皆さん入り口はいろいろですが、今の日本はこのままではマズイという危機感を共有しています。

 その典型的なのがマスクでしょう。新橋の街宣などでノーマスク集団が現れたと揶揄される参政党ですが、世界から見れば日本人は大丈夫かと逆に見下されているのが日本です。何かがおかしいのです。テレビや新聞でマインドコントロールされていると思います。また第8波だ、感染者が増えてきたと相変わらずの大本営発表ですから。

 昨夜、神谷議員が三重県での応援演説でも改めて言っているように、参政党を作ったのは、まず情報を提供することで国民に気付いてもらう、そして目覚めた人に参加してもらう、そして社会を変える力にしていくということです。気が付けば今の日本はグローバルエリートの都合の良いようにさせられている訳です。

 そしてグレートリセットが彼らの当面の目標であり、この流れはもう簡単には止まらないところまで来てしまっています。しかし、このまま彼らの管理社会に飼い慣らされるのだけは嫌ですし、日本という国を残すにはもう後がないという想いです。この大峠の先に新生日本があることを信じてやれることをしていくのです。

 今夜、3人の地方選挙の結果がでます。当選を祈念します。

前の記事

北のはずれ

次の記事

あとの祭り