やりすぎです。

 今日も商店街の人流にあまり減少の変化はありません。商店街は火曜定休の店が多いので、緊急事態の影響で人出が減ったとは思えません。今やもう、政府や都知事の話は話半分ということかも知れません。

 昨日の夕飯に居酒屋風蕎麦店を訪れた話をしましたが、これはもう飲食店、特に飲み屋さんを虐める結果でしかない感じです。蕎麦屋の並びには居酒屋チェーン店のやるき茶屋があったのですが、現在改装中で、5月中旬から定食屋にリニューアルする様です。

 報道では、新たにインド株が出たとか、二重変異株が出たとか、、、まるでこの非常事態宣言を正当化する様に煽ってきます。煽り運転が社会問題にされていますが、マスコミの煽りはもっと酷くて、彼らもうちに帰れば家庭やコミュニティがあるだろうに、思考が停止しているとしか思えません。

 ウイルスの専門家によれば、二重三重の変異は自然のことで、当然に存在するということですし、そもそも特段の事情という、取って付けた申し出をすれば簡単に入国できる状態は続いていますから、海外の変異株が流入することは容認していたと言われても仕方ありません。

 ちなみにウイルスの専門家は、医師免許を持つ方々の中にはほとんど居ません。獣医師さんやあるいは遺伝子工学や薬学などの分野で日常的にウイルスを扱っている方々です。そういう方々は、余計なことを言ったら仕事がなくなるようで、ほとんど発信はされていませんが、科学的に合理性のある内容であれば、個別に聞いたら答えてくれるでしょう。

 そういう話を聞いていれば、この一年おかしな話ばかりが報道されているわけです。そもそもが、発症するような感染事例はごくごく稀な日本において、罹るのは交通事故のような確率ですから、この緊急事態は、特にまだ医療崩壊もない東京では、やりすぎですね。

 さて明日は午前中は、支部の地区交換会に行く予定です。昨日、事業部長からいつも通りやりますと電話がありましたので、顔を出すつもりです。

  

前の記事

緊急事態の街へ

次の記事

スルーはいけません