おじさんには正直キツイですが

 我楽多市展は無事終了しました。レンタカー屋さんが8時に閉まってしまうので、猛スピードで片付けて無事に車を返すことが出来てほっとしています。

 感染拡大が懸念されるなか多くの方にご来会いただきまして、感謝いたします。検温、手指消毒、記帳と対策にご協力いただきありがとうございました。

 さて一方で、売上げは自分も不調、会全体も苦しい結果でした。通常、開催前にお送りしている目録を発行できなかったことが影響したと思います。

 テレビ、新聞等のオールドメディアでしか情報を得ない方々には、開催のお知らせが届かなかったかも知れません。また来会者で発送を依頼される方が極端に少なかったので、近隣県から来てまとめ買いをされる方が県境を越えるのを自粛されたかもしれません。もちろん目録による通信販売が出来ずに遠方の古書ファンにお届け出来なかったのは残念でした。

 それでも無事に開催したことが、今後の他会の開催に勢いがつくことを期待しています。

 この週末は陽性者数の急増と、株価の下落、円高の亢進と悪いニュースが重なりました。飲食店に対する自粛要請が東京や大阪の都市圏でまた始まります。閉店や倒産が相継ぎますと、失業率の増加につながるでしょう。サービス業関連の不況はやがて全般に及ぶ事から株価に影響し出した感じですね。

 あるいはまた円高です。欧米のコロナ対策による金融緩和と、日本のそれが釣り合っていないことが影響しているのではないでしょうか?

 ニューノーマルとか、本音では関わりたくないのですが、現実にはよくよく情報を得て自らの形を変えざるを得ないと思います。主要な社会インフラが劇的に変わろうとしています。その流れに乗り遅れないことが大切だと思います。

 思えば親父の故郷、H市ですが、江戸期は中山道最大の宿場町でした。街道と大河川の交差する交通の要衝です。江戸期の情報と物流は水運によることが大きかったため栄えた訳です。また街道筋には参勤交代によって財貨が落とされたのでした。

 やがて主要な交通が鉄道となり、それから一帯の産業だった生糸は廃れ、高速自動車道に飛ばされ、、、と地政的メリットが失われるなか、代替えする施策に苦心して来た様です。

 特急を停めたり、工場を誘致したり、大学を誘致したり、新幹線の新駅を作ったり、、。一方から見れば、文明の進歩ですが、他方では破壊や衰退を余儀なくされたのでした。

 振り返って今や、インターネットによる社会変革から、やがては通貨の消滅など、、、想定して見るのも面白いかも知れません。面白いと思える様にならない位でないと厳しいかなと感じています。何しろ7割もテレワークにする様な要請が出て来る状況ですから。

前の記事

ホントに2波目なの?

次の記事

梅雨明けてました