どうなるウクライナ

 穏やかな陽気ですが、少し雲が出てきました。ところが日本海側はまた大雪になると予報が出ています。商品発送も遅延する可能性がありますのでお気をつけください。

 さきほど「こんなところに本屋がある、、、」とご来店がありました。そのご婦人に伺えば、3回目のワクチン接種でこの街に来たそうです。外に出ないので本くらいしか愉しみが無いと、均一品をどっさりお買い上げ頂きました。また来ると仰いますので、ワクチンの悪い作用が現れないことを思いました。

 さて、ネットから見る地上波のニュースはウクライナ情勢を伝えています。米軍が追加派兵していることや、ウクライナ軍や銀行にサイバー攻撃があったことなどです。ロシア軍が一部撤退したという話もある中、NATO軍は確認できていないと言っています。その一方でロシア軍内では、戦乱を忌避するためにプーチンに辞任を要求する動きもあり、一部撤退を決めたとされて、東証株価も反発しました。

 出来れば武力衝突は避けて欲しいです。ところが何処のモノとも判らないサイバー攻撃に対して制裁発動に言及するなど、バイデン一派やネオコンは躍起になってプーチンを焚きつけているようです。16日(日本時間17日)にロシアの軍事侵攻があるという情報ですが、これもバイデン側が勝手に撒いた話みたいで、来るぞ来るぞと首都キエフにある大使館機能を西部のリビウへ疎開させています。明日の動向が気になります。

前の記事

戦争を望む者たち

次の記事

論理破綻しています