相手はN95

 今日は定休日をいただいて、朝から通院してきました。膝にたまった水をまた抜いてもらいます。前回より少し減りましたが、まだ60ccほどありました。痛み止めを飲んだり、湿布をして回復を待つしかありませんが、足上げなどの筋トレも続ける様に言われています。歳のせいもあると思いますが、まだまだ時間がかかりそうです。

 さて、IOCのバッハ会長が来日されていますが、中野博氏の動画発信が目に止まりましたので、リンクしておきます。医療用N95マスクのバッハ会長に対して、普通のマスクで握手を求めた菅総理、、、中野氏の指摘の通り、世界の常識から逸脱した日本の平和ボケをよく表した一幕でした。

 オリンピックを開催するにせよ中止するにせよ、世界にむけて日本の姿勢をアピールする絶好の機会でしたが、菅総理のコロナ禍に対する意識の低さを世界に露呈したことになってしまうのでしょう。

 今、より感染力の強い新種の第3波が世界を襲い出したと言われています。米国などは既にこれまでの戦争で失った人数を超える被害が出ています。日本国内とは違いますので、世界に向けては、特段の配慮が必要でしょう。

 安倍政権の継承は構いませんが、刻々と変化する情勢に対しての危機管理もありますから、オリンピックについては中止の議論があっても自然なことですし、菅総理にはそのチャンスもあったと思いますが、「コロナに打ち勝つ」とは全く的外れとしか言いようがありません。

 何も根拠はありませんが、どうせ組織委員にボーナスが出るまでは中止に触れないのでしょう。バッハ会長には日本の美味しいものを食べて、お小遣いとお土産を差し上げて、今後の後始末の申し合わせをした様にしか思えません。。。

前の記事

Nゲージ

次の記事

Dying Democracy