鼻出しで

 朝から降ったり止んだりです。今日の店舗営業は雨天休業しました。

 出荷はトボトボと歩いて最寄りの郵便局へ。行き交う人々を見て改めて思うのは、全員マスクをしていることが滑稽に思えて来た事です。そういう自分も勿論マスクをしてはいます。

 マスクしてないと白い目で見られますよね。

 しかし科学的にどう考えても、黙って外を歩くのにマスクは不要ですね。今日は特に蒸し暑いですし、、。

 分かっていても同調圧力がありますから、分かってやっている分には仕方ないのですが、人間はそのうち考えなくなります。その思考停止が滑稽さに繋がるのでしょう。

 間抜けな専門家会議とマスコミの影響は罪です。ほぼほぼ空気感染はありません。飛沫感染も少ないですが、マスクなしでも2メートル離れれば会話しても大丈夫、というのが元々の話です。

 マスクしていたら密接していてもほぼ大丈夫のはずでした。密集を避けるために、外出自粛したのは、結果的に公衆トイレを使わなくなった点では感染防止になったでしょう。その程度の話です。結局、感染の危険なシーンを具体的に明示されないまま、つまり考えさせないままに、今に至っている感じです。手洗いとは言いますが。

 アフターコロナとは言え、いまだ渦中、禍中ではあります。今秋には第2波が来るとか言っています。多分来るでしょう。来なければバラ撒くとも感じます。

 そのくらい今回のコロナ禍はおかしな事ばかりです。一説には奴隷化計画の始まりだそうです。コロナ禍を契機に、監視カメラや5GとAIによる管理を普及させて、感染防止を名目にした大衆統制を行うことが出来るそうです。かの人口14億とも言われている国ではもう、ある個人1人を同定するのに1時間あれば出来るのだそうです。

 陰謀論でも何でもありません。現実に目の前で起きていること、新しい科学技術で可能なことを考察すれば、おかしな事が見えて来ます。支配層とその他大勢の二極化構造を、通貨統制に始まり、5G、AIなどの技術を組み込んで構築する、、、その覇権争いが米中対立の実体の様です。

 コロナの次は、世界中の通貨を無くして、世界統一の電子通貨にすることだそうです。

 こんな話には全く無力です。バべルの塔は成らなかったが如く天変地異でも来ないと、この流れは止まらないのでしょう。見てくれの便利さに流されていると、いつの間にかに人間農場が出来上がっているのでしょう。抵抗するにも、自分にできるのは、せいぜい、ウレタンマスクで鼻を出して歩くことくらいです。

 PS. ご来店時はマスクお願いします。くしゃみで棚の本を穢されるのはご勘弁を!

 

前の記事

今後のこと

次の記事

感染者数という妄想