片足で出張買取

 深夜になって、ダバダバとまとまった量の雨音がしています。朝になったら止んでいて欲しいです。何しろ実質この3日間、しかもかき入れの週末を怪我で店を休まざるを得なくなりましたので。

 今日は(もう昨日)寝起きに追加注文を梱包して、買取に向かいました。まだ左の膝はパンパンに腫れ上がっています。曲がらない左足を引きずる様にカーシェアに向かいます。車はホンダのステップワゴン、初めての利用ですが、何と2列目にチャイルドシートがガッツリついています。3列目をフラットに倒して何とか荷室を確保します。

 向かうのは川向こう、例の全集類のお問い合わせの方です。お会いして分かりましたが、やはりその後いろいろと問い合わせてみた様で、どこにも請け負ってもらえなかったそうです。本音を言えば片付け料をいただくべき案件です。持っていくだけになりますという話に再度ご依頼が来たのでした。

 さて到着して、助かったのは荷物が玄関脇の居室から直接外に出せて短い導線で車に積めることと、何よりもご主人がお休みで在宅されていたので、ほぼ積み込みをしてくださった事です。結局お買取りは、ある1冊だけ取り上げて、中身を確認してお支払いさせて頂きました。

 途中、郵便局に寄って今日の出荷を済ませ、神田の本部会館に向かいます。今日月曜日は中央市開催日で人出がありますから、邪魔にならぬ様に事前に職員に相談しておいたスペースで荷物を開封して出品作業をします。今日の出品には間に合いませんので、水曜日の資料会に出品依頼をして作業終了。荷物の4分の1も占めていた百科事典は潰しにしました。

 他店がどこも請け負えなかった仕事ですから、経費を回収して行って来いの予定です。僕の日当は出ません。手元に残した買取の1冊が売れなければ赤字ですね。。。

 さて、カーシェアを返して、その足で整形外科に向かいます。また血液を90ccほど抜いて、触診によると膝裏の靭帯が剥離しかかっている疑いがあります。血を抜いたおかげでまた膝周りが楽になりましたが、完治にはまだ遠い感じです。

 明日は午後から店を開けたいと思います。

前の記事

大阪都構想否決

次の記事

再開しました