キメツノヤイバ

 「キメツノヤイバくださ〜い!」と大きな声が小さな女の子と飛び込んで来ました。千円札を握りしめて。

 そういえば一昨々日に覗いた王子ブックスの通路は、「鬼滅の刃」の包みで埋められていたなと思い出しつつ、ウチはマンガ置いてないよーっとお引き取り頂きました。

 東十条駅周辺の新刊屋さんは全て廃業されて久しいのですが、子どもには古本屋と区別がつかない様です。

 今人気の鬼滅の刃ですが、少年ジャンプの連載は終わり、ためにジャンプの売り上げも落ちていると聞きます。そもそもが、コミックに関しては既に電子版の発行部数が紙の単行本を超えてしまっており、雑誌に関してももう時間の問題かと思います。

 教科書に代わって、子どもひとり1台にタブレットを配るかというご時世、そもそもジャンプの原稿はデータでしか受け付けていないなど、それらを考えるとウィズコロナが契機になるのではないでしょうか?

 今日はお盆休み明け、4日振りに店を開けました。この猛暑で来客は少ないですが、通りがかった常連さんは覗いて行ってくれます。雑誌など新たに並べてあげたいのですが、ネット用に棚を整理して空けていかないといけません。。。

前の記事

どこへ向かうのか

次の記事

18(火)休みます