13日〜15日はお盆休みにします

 日が変わりましたが、昨夜は先輩書店さんと飲みながら、今後の情報交換です。

 コロナ自粛期間中は、世の中全般にネット売上が1.5倍ほどに膨らんだと言われていますが、古書についても、アマゾンや日本の古本屋など、そのくらい売上が伸びた様です。

 家にこもって読書をされた方も多かったのではないでしょうか?

 その後、自粛が明けましたが、店舗販売や各地の催事など依然として売上が戻って来ていない様子です。またネットについても、平時に落ち着いた感じです。

 一般書のうち読み物の類や、古い学術書など硬い本などは特に、市場でダブついていて相場は低迷しています。もともと夏休みは売れなくなる傾向で相場も全体に下落気味になるのですが、どんなに沢山集めて市場に出しても、やればやる程、チカラ仕事の手間代が出なくなって来ています。

 例えば蔵書家の片付けを依頼され、トラック1〜2台、5千〜数万冊ほどの分量になるでしょうか、そのひと口をジャンル別、著者別、判型別などに切り分けて、市場に出品するのですが、ならないものは幾ら積み上げてひと山1点としても買い手が現れない状況です。

 ですから切り分けるのに、より慎重に抽出して小ぶりな組合せ1点1点で最低入札額をクリアできる様にすることが大切ですし、ならないものはその場で処分する他ありません。

 先輩書店さんは、市場でも有数の出張買取のベテランですが、大手の宅配買取やヤフオクなど個人間売買等の増加などで、なかなか良い出物が少なくなっている状況に、この際、長年寝かして来た倉庫を整理して換金していく動きをとっています。

 ところが前述の状況ですから、市場に持ち込む前に精査して荷作りをする必要に駆られた様で、時どきお手伝いに伺うこととなりました。

 今週は墓参りも予定していましたので、13日〜15日はお盆休みにして、墓参りと倉庫整理に当てることにしました。

前の記事

猛暑です

次の記事

ただの風邪ではない!